帽子と薄毛の関係 | 名古屋で植毛なら|薄毛の悩みは発毛・植毛専門の名古屋市のUFクリニックへ

名古屋で植毛なら毛髪専門クリニックにお任せください。薄毛・抜け毛のお悩みは病院で解決しましょう。メリットの多い人工毛植毛がおすすめです。

帽子と薄毛の関係Relation between a hat and thin hair

帽子をかぶると薄毛になりやすいという話、みなさんも聞いたことがあるのではないでしょうか。
しかし、実際は、帽子は日光から頭を守るので、良い効果が期待できます。日光の影響による老化を防ぐと考えられているのです。
では、なぜ帽子をかぶることが良くないとされてきたのでしょうか。
それは、正しく帽子をかぶらないことが、原因で頭皮に悪影響を及ぼすからです。その悪影響とは、どのようなものなのでしょう。

 

 頭皮が蒸れる

ファッションの一部として帽子をかぶっている方は、室内でもかぶるなどと長時間かぶっていることが多いのではないでしょうか。
その結果、頭皮が蒸れやすくなり、皮脂が分泌され、雑菌が増殖しやすい環境になってしまいます。
夏に、ニットなどの蒸れやすい帽子をかぶることもよくありません。
できるだけ、通気性の良い帽子を選び、室内では帽子を取るなどをしましょう。

 

 血行を悪くする

サイズが小さい帽子やヘルメットなどは、頭を締め付けてしまい頭皮の血行を悪くしてしまいます。
血行が悪いと頭髪にまで栄養が行き届かず、栄養不足の状態になり、髪の毛が抜けやすくなってしまいます。
実際に、脱げぬくい帽子のサイズを着用している警察官やヘルメットをよくかぶる工事現場の作業員には薄毛が多いといわれています。
そのような帽子をかぶる時は、こまめに汗を拭いたりすることをおすすめします。

 

 頭髪をこすってしまう

全体的にサイズの小さい帽子だと、頭皮や髪の毛をこすってしまい、傷つけてしまいます。
なんどもこすってしまった頭皮は弱っていき、雑菌が増殖しやすくなる、
汗でかぶれやすくなるなど様々な悪影響を大きく受けてしまう恐れがあります。


先ほども記したように、帽子は悪い影響だけでなく、良い影響ももたらします。
日光を遮ることだけではなく、冬の寒さで頭皮の血管が収縮することを防ぐことも期待できます。
正しく帽子を選び、かぶることで、良い効果を得られることの方が多く期待できるのではないでしょうか。
なかには、薄毛予防よりも発毛させることに力を入れたいとお考えの方もいらっしゃるかと思います。
当クリニックでは飲む発毛治療薬を取り扱っております。興味のある方はお気軽にお問い合わせください。

PAGE TOP